Workshop of Tomoko MISASA Ceramic&Painting

等身大のたまがるポーズをつくろう!

けやきとアートの散歩路 & 久留米シティープラザ 共同企画(2017年11月久留米たまがる大道芸へ向けた街を彩る装飾づくりワークショップ

2017年10月 @久留米シティープラザ2F スタジオ2

(写真クリックで拡大↓)

IMG_1154.JPGIMG_1156.JPGIMG_1158.JPGIMG_1155.JPG
プラスチックダンボール(青・緑・黒・グレー)を使って、” 等身大の人のカタチ” をつくりました。(10/7(土) 14:00 - 16:00 参加者:子ども3名・大人8名)
おもいっきり全身をつかって、バンザイ!ビックリ!ゴロリン、ジャンプ、オヨグ、トブ!からだのカタチ、みんなのカタチをかたどりました。
お天気にも恵まれ、小学生対象でしたが大人の方も参加して頂き、皆さんとても楽しかったとのお声を頂きました。思わず吹き出してしまいそうなユニークなポーズが盛り沢山、大人も子どももみんなたまがる(筑後弁)◎
以下、ワークショップの様子です↓

22290074_1506647846095596_5422991577624047744_o.jpg22256578_1506648186095562_2684164339213312173_o.jpg
ご挨拶&ざっくりと進行過程のお話からスタート!

IMG_11662.JPGIMG_1171.JPG
どんなポーズをつくろうか、全身であれこれと考えて、かたどりカッティング。

IMG_1179.JPGIMG_1182.JPG
頭、胴、腕、脚のカッティングができたら、ペインティングへ。

IMG_1185.JPGIMG_1183.JPG
22219837_1506648969428817_444054026521348334_o.jpg
個性豊かな表情とポーズがカタチになってくる、、ワクワク。

IMG_1189.JPG22219867_1506649082762139_101187172061770114_o.jpgIMG_1191.JPG
制作中も、皆さん笑いと真剣な眼差しで行ったり来たり。

IMG_1199.JPGIMG_1202.JPGIMG_1193.JPG
スタッフの方も一緒に楽しみお手伝い頂きながら、、、

IMG_1196.JPGIMG_1205.JPG
パンチで穴あけ完成間近、、、



IMG_1206.JPG
ようやく完成!完成後は皆さん一緒に撮影会♪

IMG_1208.JPGIMG_1209.JPGIMG_1210.JPGIMG_1218.JPG
楽しいポーズがたくさんできました♪

IMG_1212.JPGIMG_1220.JPGIMG_1225.JPG
参加者の皆さま、シティープラザの吉兼さん・渡部さん・松谷さん、けやきとアートの散歩路の進藤さん・塚本さん・吉本さん・大智さん、スタッフ&関係者の皆さま、無事に終えられ感謝です、ありがとうございました。(大変お疲れ様でした!)




えがこう!大濠公園のかたち

ステンシルワークショプ

2016年8月 @福岡市美術館

(写真クリックで拡大↓)

IMG_3839.JPG
福岡市美術館企画『えがこう!大濠公園のカタチ』夏休みこどももおとなも美術館2016(ステンシルワークショップ 8/3(火)〜8/7(日) )、私はステンシルの型を作るための原画を描かせてもらいました。市美の彫刻、仏像、古美術品、大濠公園のベンチや街灯、ジョギング・散歩している人などリサーチして描いたオリジナル原画25種類。そしてそれを元にA4サイズのステンシル型25枚を作成しました。
一般参加ワークショップの前日(8/2)には、原画コピーとA3サイズのクリアファイルを使って拡大バージョンのステンシル型25枚の切り抜き作業を、館のスタッフ・大人の方数名にお手伝いしてもらいました。

IMG_3840.JPGIMG_3851.jpgIMG_3842.jpg
細かいカッティングはなかなか大変でした。

IMG_3890.jpgIMG_3853.jpgIMG_3862.jpgIMG_3866.JPG
真っ新な窓ガラスに、一つ一つステンシルしていきます。

IMG_3943.JPG
アクリル絵の具とスポンジと型を使って窓にステンシルする一週間ワークショップでは、子どもから大人まで800人近くの参加者があったそうです。会場では、館のスタッフの方やボランティアの学生さん達がお手伝いしてくださいました。

IMG_3935.jpgIMG_3868.jpg
色も豊富。混ぜても重ねてもOK!

IMG_3916.JPG
25種類の原画を元に、こちらは当日に合わせて館の方が作ってくださいました。どんな型があるのか一目瞭然、とってもわかりやすい!

IMG_3949.JPGIMG_3934.JPGIMG_3956.JPG
一日一日少しずつ、、、あっという間に7枚のガラス窓がステンシルでいっぱいに。

IMG_3924.jpgIMG_3952.jpg
ワークショップ期間中は床にシートをはって作業。床に映るステンシルのカタチの影も面白い。

IMG_3953.jpgIMG_4391.JPGIMG_4387.JPGIMG_4402.JPG
その後、8/31の市美閉館まで展示されていた窓に映るステンシル,ガラスのステンシル絵画、それらはとても色鮮やかで豊かな表情でした。2016年9月から2年半の改装工事で一時閉館される福岡市美術館。ちょっと寂しいですがリニューアル後を楽しみに待ちましょう。
とても素敵なワークショップに関わらせて頂き、感謝の思いです。学芸課(教育普及係)の皆さん(鬼本さん、ギャレットさん、崎田さん、中原さん、土橋さん)、本当にありがとうございました。

原画制作過程

ステンシルワークショプにむけて

2016年6月・7月 

(写真クリックで拡大↓)

IMG_3017.jpg
大濠公園周辺のリサーチ、モチーフ選び、ワークショップの完成イメージを膨らませながら、制作にとりかかる。

IMG_3156.JPGIMG_3163.JPG
まずは、原画とステンシル型の試作。素材や形の中の光と影の関係、カッティングの過程を探る。

IMG_3192.JPG
絵の具と素材の感触をみる。

IMG_3052.JPGIMG_3026.jpgIMG_3051.jpgIMG_3019.jpgIMG_3043.jpgIMG_3039.JPGIMG_3024.jpg
福岡市美の彫刻や古美術作品、大濠公園で走る人、散歩している人、照明や様々な形のベンチ、風に吹かれ青々と伸びる樹々などなど、何枚も写真を撮りステンシル型の原画案を練っていく。

IMG_3162.JPGIMG_3271.JPG
モチーフが決まってくると、線のみの原画を進行。

IMG_3355.JPGIMG_3267.jpg
仏像や土器・器などの古美術品は、市美収蔵図録を参考に。ここからより突き詰めもっとシンプルな原画を描いていく。

IMG_3610.JPGIMG_3282.JPG
カッティングする箇所、しない箇所、ネガとポジの関係をより明確に仕上げていく。何度も何度も描き直し、カッティング後失敗に気付く事も。

IMG_3276.JPG
これは複雑すぎてステンシル型にするには難しく、ボツに。

IMG_3674.JPGIMG_3802.JPG
カッティングは、厚すぎず薄すぎないシートがよい。細かいデザインのものは結構大変。

IMG_3678.JPG
型が出来たら、いよいよスタンピング。

IMG_3702.JPGIMG_3709.JPG
スタンピング後に、型の修正部分発見なんてことも数枚あり。
(この後、犬の首輪と車輪部分を修正。)

IMG_3804.JPG
最終的に、原型25種類のステンシル型完成。そして試し刷り。会場の完成イメージを膨らませワークショップの成功を祈る。